s◆作者紹介
◆作者より一言
 
オカリナのイメージといえば、まず自然・素朴・癒し等々でしょうか。
オカリナには確かにそういう一面もありますが、その構造ゆえの音階の不確かさもあり、一般の認識では、まだまだ楽器としての地位は低いような気がします。
特にアルトC管の高音がでにくいという構造的弱点が楽器としての認知を妨げている原因です。
ANONは、たゆまぬ研究と開発により前記弱点を克服した現在のアルトC管を完成させました。
同時にANONオカリナ(楽器)は極力作者の個性(癖)を出さないように仕上げてあります。
個性は奏者の方々が創るもの本来オカリナは純音に近いですから真面目に作れば個性がでるのはおかしいのです。
これからも進化し続けるANONオカリナにご注目ください。

ともあれオカリナも楽器である以上、文字どおり吹いていても聴いていても「楽しい」ものでなければなりません。
「いつまでも時を忘れて吹いていたい」、そんなオカリナを作るのが私の目標です。

                         

                                               作 者  のんぼう
 
◆オカリナの製作指導
 

当工房の製作責任者のんぼう氏は、『オカリナ体験交流館』などにおいて、オカリナ製作指導にも熱心に取り組んでいます。

          http://www.tawaradai.com/index.htm


生徒さん達の作品

 
 
 
大阪府民の森 室池園地 森の工作館において   田原小学校において
 
※ オカリナ制作指導につきましては、『オカリナ体験交流館』のホームページをご覧ください。
◆オカリナサークル (休止中)
いわゆる、教室とは違ってオカリナ好き・音楽好き・おしゃべり好きが自由に集い、それぞれ束縛されずに楽しい時を共有できるサークルです。 お気軽にお問い合わせください。 
  
会 場:
日 時:
費 用: